手稲山ぶら散歩

先週のある晴れた日。
朝、自転車のチェーンが外れっぱなしだったのを思い出して外に出る。
今日は良い天気だし自転車乗ろうかな。と、ある山を思い浮かべる。
よくロードで山とか峠とか行ってきた話は聞くけど、実際自分で行ってみないとどのくらいなもんか分らないので一度は行っとこうと思っていた。
先週から帯状疱疹になってしまったけど、治まってきたのでそろそろ良いかなと思い、準備する。

出る直前。
はっ。パーカーの中に速乾、吸水性の良い薄いTシャツを着てたのですが、裏っ返しに着てる事に気付く。
・・・ま。いっか。
ちょうど縫い目が帯状疱疹に当たらなくて、むしろこう着るべき。

タイヤの空気はパンパンにしとこうと、前後入れて、後ろを外そうとした途端、中のバルブが空気入れにくっついたまま抜けてしまい、片手で穴を押さえながら、バルブを回して外し、元に戻す。
当然、空気はたくさん抜けてしまい、また空気を入れるけど、外す時にまた抜ける・・・
ってのを3回繰り返してやっと空気を入れ終わる。(結局、後ろは少なめ)
もう今日は自転車乗るの止めようかって気持ちになるけど、まだ10時前だし、持ち直して出発。

                           めざす手稲山
b0260738_7201084.jpg

                       
途中、橋を避けてたら線路を越えられず、手稲で少し迷い、のんびり向って1時間位で到着。
既に達成感でいっぱいだが、そのまま登り始める。
最初の高速まででもう帰ろうかと思ったけど、その先は何とか行けそうだ。
それにしても、パーカーはまだ暑かった。
それとも裏っ返しに来たTシャツが効力発揮していないのか。
スキー場越えたところで一旦休憩。
ふと、拓けた草藪から視線を感じる…
獣の視線…?
いつでも逃げる準備をして恐る恐る覗き込むとネコ。
ふぅーっ。熊かと思ったよ。
と、安心した途端、トントントントントン!!!
なに!?なに!?なに!?
今度はキツツキ。

そんな感じでぶらぶらしながら3、40分位漕いでたけど、頂上を目の前にして、よし。今日は帰ろう!と、Uターン。

下りを楽しみたかったので、ゆっくり降りてきたつもりだけど、あっという間に家まで40分で着いてしまった。
b0260738_8101515.jpg

ブログにするつもりは無かったので、画像が全然無いけど、降りてきたところで慌てて撮った1枚。

そういえば、降りてくる時、ロードの方が上っていました。
珍しくサングラスをしていないので、こちらを見てるのが遠くからでもわかる。
ずーっと目が合ってるので挨拶をする。
そんなにpugsleyに驚いたんだろうか。
それとも、楽しすぎてニヤニヤしながらスタンディングでブーンと降りてきたあたしがキモかったんだろうか。
[PR]
Commented by Linea oro at 2012-10-08 21:17 x
手稲山は良く登るのですか?
重〜いpugで凄いなー!
この間、moonで初めて春香山登りましたが、押すより乗る方が軽いと実感しました。
次のCJさんの企画が楽しみです!

Commented by ayapug at 2012-10-09 00:21
初手稲山です!
他の自転車をそんなに知らないのでpugを重いとは思ってないのです。
でも、お腹にでっかい心臓入ってるみたいにバクバクでした。。
トレーニングで登ってる人、尊敬します。

CJさんの企画楽しみですね!
これ。。。プレッシャーになりませんかね。。
Commented by P^ ^ at 2014-04-22 18:46 x
次は最後まで行って下さい。ww
お疲れ様^ ^
Commented by ayapug at 2014-05-01 20:25
>Pちゃん
すっかり身体が鈍っているので行けるかどうか。。
by ayapug | 2012-10-07 09:11 | pugsley | Comments(4)