探検隊シリーズ : 穴滝編

日曜日の予定は赤井川村にお米を買いに行く。
それがこんなアドベンチャーになるとは…

せっかく赤井川村まで行くのでついでに自転車でも乗ろうと車に積んだところ雨が降ってきた。
今日は自転車は無理かなと思いながら積みっぱなしで出発。

赤井川村には自転車が縁で知り合いになった農家の方がいて、念願のお米(ゆきさやか)を購入。(普段は実家からもらっているのでなかなか購入できない)
今年出来た道の駅にも立ち寄り、ゆきさやかを使ったジェラートを食べながら観光ガイドを見ていると「ライオンの滝」「冷水峠」と気になる場所が載っていたので、そこに行きながら余市経由で帰る事に決定。
今日は風も冷たいし、自転車は乗らないと言っていた。

ライオンの滝は地図を見なければ分かり難い入り口だが、川沿いに道が続いており夏に自転車で走ると気持ち良さそうなところである。
b0260738_20304100.jpg

4キロ程の上りだが、帰りはせっかくなので自転車を出してダウンヒル。
b0260738_2030770.jpg

最近下りだけ自転車という楽しい乗り方が多いような気もする。

冷水峠はトンネルが出来て使われなくなった峠なのでこちらもダウンヒル出来そうだがそのままスルーして、通り道にある忍路のパン屋さんへ。
なんと日曜日は定休日だった。
このまま戻ると通り道に前日教えてもらった穴滝があるので、天気も少し回復しており、自転車を乗る事に。
この時点で予備知識は皆無に等しい。

出発地点で準備をしているとFATBIKE乗りのご夫妻も到着。
4人で穴滝を目指して出発。
ただ、先方は1名長靴。なぜ長靴を履いているのか疑問に思ったが、あまり深く考えず。
穴滝までは4.5キロの延々と続く上り道。
その位我慢するかと軽く考えていたが思いの外キツかった。
上ったり下ったり上ったり上ったり上ったり上ったり。
穴滝入口に着いた頃にはすっかり吐きそうになっていた。
穴滝まで0.5キロ。
あともう少し。
だが、これから更に厳しい道になるとは…
川を渡り、倒木を乗り越え、雪解け水の池を漕ぎ進む。
b0260738_20301140.jpg

なんとか靴を濡らさずにここまで進んで来たが雪解け水で深くなった川が行く手を阻む。
やっと長靴の意味が分かった。
b0260738_20301346.jpg

我々はここで自転車を捨てる。選択の余地は無かった。
左足を犠牲にして川を渡った。
川の水はかなり冷たい。
b0260738_20301757.jpg

更に行く手を阻む雪の斜面。
手が塞がるので水を捨てる。
自転車に乗る為だけのスニーカーは全く役に立たなかった。
b0260738_203022100.jpg

何度もヒヤッとしながら雪の斜面を上り終えると遂に穴が見えてきた。
b0260738_20302493.jpg

あれが我々にとって幻の穴滝だ。
b0260738_20321074.jpg

しばし幻想的な雰囲気の余韻に浸っていたが、穴滝から雪で冷やされた冷たい風に体温が奪われていく。
グローブも濡れて指先も冷たい。
温かいコーヒーが身に沁みた。
b0260738_20321222.jpg

ホッとしたのも束の間、また元来た道を戻るのだ。
やっとの思いで生還した。
もう両足ずぶ濡れである。
b0260738_20321544.jpg

タイヤの空気を抜いて帰りのダート下りは足の冷たさも忘れるほど楽しかった。

あまりの大冒険に探検隊が結成された。
続々入隊中。次回乞うご期待!
[PR]
Commented by takakazukota at 2015-05-19 18:11 x
同行いただき、ありがとうございました♪。お待たせしてスミマセン。おかげで楽しい時間を過ごせました。
文章がだんだん水曜スペシャル探険隊風に…(笑)。また思い出して笑わせていただきました。
Commented by ayapug at 2015-05-19 20:35
大変さを全面に出してみましたが、なぜか楽しかったですね♪これシリーズ化決定でしょうか。。
by ayapug | 2015-05-19 15:55 | pugsley | Comments(2)

自転車の備忘録として。たまには日常も。


by ayapug